弁護士が適する理由

弁護士ではいったい、なぜ弁護士は交通事故被害者を手厚くサポートしてくれるのでしょうか。前述で触れている、ベクトルについてより深く掘り下げていきましょう。

まず、保険会社が利益を得るためには、より多くの保険料支払いを発生させなければなりません。ですが、その保険料がまるまる利益として手に入れられなくなるケースがあります。それこそが、交通事故が起こり、なおかつ多額の賠償金支払いが生じるケースです。もちろん、継続的な保険料により生み出される賠償金を支払うこともまた、保険会社の役割です。ですがこれは、ただただ支出であるに他ならないため、極力少なく見積もらなければ、会社は損となってしまいます。そのため、交通事故に遭って相手側の保険会社に相談すると、保証を渋られる可能性がでてきます。

その点弁護士は被害者であるあなたの味方です。あなた個人から依頼されるわけですから、報酬もまたあなたが保証として受け取ったお金から割り当てられます。そしてこのとき、保証額の数十%といった具合で、受け取った額によって弁護士報酬は変動します。つまり、勝ち取った額が大きければ大きいほど、弁護士も稼げるというわけです。このような仕組みから、弁護士に依頼した方がより大きな保証が期待できるといえるのです。


◆関連記事◆