誰に相談すべき?

交通事故被害に遭ったとき、保証を考える上で、まずは誰に相談するべきでしょうか。主には、2つのパターンが考えられます。加害者側の保険会社、もしくは弁護士といった具合です。最終的に保証をおこなうのは、加害者が加入している保険会社でしょう。そのため、単純に考えれば保険会社こそが真っ先に相談すべき相手のように考えられます。ですが、実際には弁護士へ相談するのが理想的です。怪我の状態は意識しなければなりませんが、事故に遭ったあと落ち着いたのち、真っ先に相談する相手は弁護士であると覚えておきましょう

相談確かに、保険会社でも間違いではありません。事実、保険会社に相談したとしても適切な保証をおこなってもらうことは可能です。ですが、理想の結果に期待したいのであれば、ベストな選択にはならないのです。具体的にいうと、とれる金額が弁護士に相談するときよりもやや低めになってしまう可能性がでてきてしまいます。

これには、保険会社と弁護士、それぞれが設定するベクトルが関係しています。最終的には、どちらも利益を上げることが目的に他なりません。そのため、交通事故の被害者に手厚い保証をした方がより多くの利益を得られる側こそが、適切な相談相手になります。そしてそれこそが、弁護士なのです。


◆関連記事◆